事業計画

平成年度事業計画書
(平成30年4月1日〜平成31年3月31日)

1 事業実施の基本方針

近年日本は、地震・津波・火山噴火・局地的豪雨・台風と全国各地が災害に見舞われ続けております。
 府民・市民の安全・安心を京都府や府内市町村とともに守る立場である我々測量設計業者はそれに対して年々高齢化が進み、担い手確保も遅々として進まず苦戦を強いられている状態であります。
 今後この状態を少しでも改善するために過去の危機管理体制から未来へ繋ぐ危機管理体制へと変革しなければなりません。
 ・自助(自社の努力)
 ・共助(協会で協力しあう)
 ・公助(公の助力を願う)
が益々必要とされる時代になりました。
 協会員各社の益々の努力、京都府測量設計業協会における会員相互の互助体制・技術革新講習会等の推進、京都府との災害時の協力体制のより一層の充実を図っていく必要があります。
 当協会としては、府内における唯一の団体としての協会の存在価値を再認識し、地域に信頼される測量設計業を目指して、さらにその責任を果たしていきたいと思います。
 現今の厳しい経済環境のもと、より一層の経費の節減に努めるとともに全測連、近畿地区協をはじめ、関係諸団体と緊密な連携を図り、会員各社の技術力向上及び経営基盤安定化事業の推進に努めて参ります。
 また、昨年までは会員の減少が続いておりましたが、この間、多くの皆様のご理解とご協力により、新たな仲間を迎え入れることができました。今後とも、引き続き「会員の増」に努めて参ります。
 平成30年度の事業実施に当たりましては、関係各位のご理解とご指導並びにご協力を得まして、更なる発展と活力のある協会づくりに努めてまいる所存であります。


2 事業実施計画の概要

平成30年度事業実施計画は、次のとおりであります。

総務関係

1 経営の安定化、近代化に関する調査研究
2 福利厚生事業
 (1)生命保険への団体加入促進
 (2)厚生年金基金への加入促進
 (3) 年賀交歓会の開催
3 測量士(測量士補)、測量業に関する各種登録、届出、報告等の経由
4 指名競争入札参加資格審査に関する情報収集及び提供
5 ホームページでのPR及び活用促進
6 規定集(京測協)の整備


広報関係

1 京都府内発注機関(国交省出先機関、京都府庁及び各土木事務所、京都市等)に対する要望活動
2 発注機関(京都府建設交通部、京都市建設局)との意見交換会の開催
3 京測協会報(2018年版)の発刊[年1回]
4 会員名簿の作成、配布(要望活動時)
5 情報の収集及び提供


技術研究関係

1 技術力の向上改善に関する調査研究
  「公共土木施設災害復旧事業事業測量設計マニュアル」の継続見直し
2 BCP(事業継続計画)の検討
3 災害復旧業務の検証、問題の洗い出しと対応策の検討
4 情報の収集及び調査研究


学院運営関係

京測協高度技術学院の開講


綱紀委員会関係

1 独占禁止法遵守の啓蒙活動
2 業界の倫理確立に向けた情報収集及び提供


測量体験学習特別委員会関係

測量体験学習の実施
月日:5月29日(火)午前中
場所:与謝野町立岩滝小学校小学校、6年生対象(約50名)

Copyright (C) 2000-2017 一般 社団法人 京都府測量設計業協会 All Rights Reserved.